フレキソ・プリント【フレキソ印刷について】(株式会社ゼータ・京都市)<環境問題/印刷方式/フレキソ/オフセット/グラビア/アニロックスロール/ゴム版/樹脂版/UVインク/水性インク/京都>

フレキソ印刷に関するお問い合わせ・お見積もりはこちら

フレキソ印刷について

いつまで薬品だらけの印刷をしているのですか?

これまで、印刷には大量の薬品が使われてきました。地球環境汚染が深刻な現代では、印刷方式も「環境対応型」へ改めることが求められています。

フレキソ印刷は、オフセット印刷やグラビア印刷、シルクスクリーン印刷などいくつかある印刷方式の中ではもっとも古く、現代に残っている印刷方式の中では一番最初に完成した印刷方式であり、百年以上の歴史があります。それ故に印刷設備は非常にシンプルで原始的だといえます。また機械設備は比較的小型です。画質の面ではオフセット印刷と比較すると劣ります。現在の日本においては、ダンボール箱への印刷のほとんどがフレキソ印刷方式によります。世間一般では、ダンボール印刷用のあまり画質の良くない印刷だというイメージを持たれている方が多いようです。

ページ
トップ

お問い
合わせ